もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、査定で高く評価される点をあちこち調べると、何となくわかってきました。当然ですが、もともと高級な着物であることは高値がつく最低条件ですが、それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなどもかなり重要な問題のようです。元々の品質は良かったものでも傷があることがわかると大きく価値が下がってしまう感じです。もう着る人のいない着物は、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。紬や絣といった着物なら、大柄の黄八丈のような着物でも、種類を問わず買い入れてくれます。専門店なので買取額も高めなのが良いですね。それ以外には、友禅、江戸小紋なども取扱対象のようです。自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。
自分で仕立てた着物だけでなく、譲られたものなど結構あって買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も思いの外、多く見かけます。着物の種類でいうと、どんな着物がよく売れるのかと疑問に感じる方が多いでしょうがずばり、訪問着が一番高く売れます。訪問着は流行に左右されにくく、長い年月にわたって着ることができ、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。着ることがない訪問着をお持ちの方、無料で査定してくれる業者に、お願いしてみてはいかがですか。
着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だしこの着物を一番高く買い取ってくれるのはどこかなかなか人に聞くこともできなかったのでずいぶん長い間放っておいたのです。最近聞いたのですが、宅配で買い取ってくれる業者も結構あると聞いています。サービスの内容や買取価格を調べ、できるだけ多くの人が高く評価するところを手間ひまかけて探すつもりです。

和服は高価だし思い入れもあるもの。処分するときにも、きちんとした専門業者さんに依頼しないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。よくトラブルで耳にするのは、安値買取のゴリ押しでしょう。それと、宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、吟味した上で査定を依頼し、梱包前に写真を撮っておくのも良いかもしれません。発送伝票も大切に保存しておいてください。

それほど重さが苦にならないのであれば、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、気楽に断れます。対面ですからわからないことも聞けますし、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、ここなら良いというところに家に来てもらえば良いのです。着物の価値を評価してもらうために証紙を一緒に提出することをすすめます。ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから一定の基準を満たした製品であることを証明するために発行している登録商標のことなのです。この証紙を捨てる方や探しても見当たらないという方もいるようですが、あれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、査定のときには揃えておいてください。
自分が以前から、大事にしている織り着物がありましたが折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、圧倒的に洋服で過ごすことが多くこの先、その着物を着る機会がないと気づき思い切って処分しようかと迷いました。買取ができるかどうかネットで調べた結果、着物を引き取り、換金できる業者があることを知りました。ただ捨てるよりも、次の人に譲った方が大事な着物を生かせると思い、売るのが一番いいと心を決めました。祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。私たちが何度も着るような着物はなく、ただタンスの奥で眠らせておいても着物が生かされないと思うし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。いわゆる作家ものの着物はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。
たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、どんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。着ることによる傷みはなくても少しずつ劣化していくこともあるので状態の悪化はどうにも避けられません。未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。保管状態が良く、未使用でもう着ないという着物をお持ちの方、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。和服や和装小物の買取といえば、最近では宅配便で対応してくれる業者が増えてきているらしいので、私も貰い物の着物類をこの際、処分しようかと考えています。高級品や袖を通していないものもあるので、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。古物商の認可が必要らしいので、それを目安にして問い合わせしてみようと思います。
PR:古い 着物 処分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です